マルコ手芸店は岐阜県内に5店舗展開する
手芸・洋裁・編み物の専門店です
婦人服も取り扱っています
お店の新着情報から雑記まで日々徒然

Webshop http://craftmaruko.shop26.makeshop.jp/
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
ぼうし

バブル世代のわたくしスタッフAが子供の頃は

「子供はお外で日光を浴び
真っ黒に日焼けして元気に遊びましょう

っていうのが普通だったのに

わたしの母だけは違っていて

毎度おなじみ母親語録の一つが

「できるだけ太陽(紫外線)に当たらないように」

と言うものでした

日焼けするとやけどのように真っ赤になる娘が

不敏だったのでしょうか?

そんなの小学生のわたしにはわかるはずもなく

真っ黒に日に焼けてスポーツする友達に憧れてました



夏休みのプールも、時間になればさっさと帰宅

だからリカちゃん人形で遊ぶインドアな子だったのですね〜

海水浴に行けば

サンオイル(日焼けを促すオイル)を塗っている友達の横で

パラソルに隠れてました


ところが!!


大人になり

自分でお化粧品を買うようになると

わたしの肌は意外にも丈夫という事がわかりました

どんな製品を使っても(高価でも安価でも)どうって事もなく

アレルギーも無く

確かに日焼けして赤くはなっても

その後はあっさりとひくのですから

変だなぁ?弱いって母が言ってたのに・・・

「肌が弱いから」とわたしに思い込ませる事で

紫外線を避けるよう仕向けてくれていたのです



今や「美白男子」ってくらい

紫外線を避けるのがあたりまえの時代が来る事を

母は知っていたのでしょうか?



母に訊ねると

「わたしじゃなくておばぁちゃん(母の母親)から教わったの」



おばぁちゃん、なんで知ってたの〜?

若くして天国へ行ってしまったおばぁちゃんには

もっといろいろ聞いておくと良かったかなぁ?



そんなこんなで肌が丈夫だとわかった今でも

なるべく紫外線防止に勤めているのですが

加齢には勝てず

コスメ製品に頼るこの頃です



友達のR嬢と物々交換したのも洗顔料

炭入りで真っ黒の洗顔料に手をやいたわたしのため

R嬢が交換を申し出てくれて・・・

(持つべきものは友よ〜

これをR嬢にあげて
1



これをもらいました
2



今のおすすめは唇用スクラブ
3


ん〜〜〜LUSH大好きっ



父の日に向けて

父にもLUSHでいろいろ揃えてプレゼント

4
「幸せの種まき」っていう固形のボディソープです

(父はなぜか液体石鹸を使わないのです)

レモンの香りで

とても気に入ってくれたのですが

どこで買ったのかは内緒にしないといけません

お買い物好きな主婦のような父は

不要な物までわんさか買ってしまいます

特に「かわいいお姉さんが店員」なんて知ったら・・・

ハハハ・・・父親防止だぁ













| 17:02 |   private | - | - |
スポンサーサイト
| | - | - | - |