マルコ手芸店は岐阜県内に5店舗展開する
手芸・洋裁・編み物の専門店です
婦人服も取り扱っています
お店の新着情報から雑記まで日々徒然

Webshop http://craftmaruko.shop26.makeshop.jp/
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
マトリョーシカ
スクエアフレームの壁掛けにトールペイントしました

モデルはマトリョーシカ

2

マトリョーシカの寸胴フォルムが

他人事とは思えなく好きなのです

本場ロシアの民芸品マトリョーシカは

もっとリアルな顔してますが

わたしはJAPANキャラっぽく?描きました



ところでバンザイ人形ってご存知ですか?

この子のひもを下へ引っ張ると
3


手足がバンザーイってなるのです

こちらまでバンザーイって元気がもらえるくらい
4


おみやげにもらったこのバンザイ人形の兵隊さんが

我が家のリビングの壁に長年ひとりぼっちでぶらさがっていて

寂しそうだったので、何か仲間を加えたいと考えていて

このたび実現したのが

このマトリョーシカの壁掛けです

1


















 
| 08:54 | トールペインティング | - | - |
ブックエンド

手芸が好きでも

自分の物を作る機会って少ないのですが

久しぶりに作りました

1

ブックエンドです

手前になる側に寄り添う犬を描いてみました

一応、男の子わんこ(左)と女の子わんこ(右)のつもり

ところが

実際に本を立てていくと|||||

2匹がどんどんはなれてしまって寂しい・・・



これを描きたかった理由は

昔々 母が大切に飾っていた

陶器製の寄り添うネコの置物を

最近になって探したのに見つけられず・・・

この画像のと同じ物で白いネコでした
2

それを思い出しながら

わたし流で犬に変えて描いてみました









| 00:33 | トールペインティング | - | - |
コースターケース
お客様作品の紹介です。

Wさんのトールペイント作品です。

本来、コースターが5枚入っているはずなのですが、いずこへ?

ま、細かい事はおいといて

ケースだけでも充分な可愛さです

(この作品はマルコ太田店に展示してあります。)

コースターケース



Wさんは主婦のお手本のような人です。

時々お孫さんの相手をしながら

美味しい料理やおやつを作り

その合間にささっと手芸をしています。

手芸の範囲も広く(たぶん手芸すべて網羅してると思う)

しかも手早い!しかも上手!

スタッフの私たちにまで差し入れをしてくださいます。

先日も、手作りの食べるラー油とパウンドケーキを

「Aちゃん!あんまりダイエットだめよ〜
これたくさん食べてね〜。」

「あ、あ、ありが、とう、ご、ざ、います
いただくに決まってますぅ

と、休憩時間にしっかりいただきました。
食べるラー油はピーナッツが入ってる!
ケーキはオレンジ風味
やっぱり間違いなくいつもの美味しいお母さんの味でした

わたしも作ってみよう〜Wさんレシピ教えてね。
| 07:26 | トールペインティング | - | - |
トールペインティング教室
マルコ太田店ではご希望があれば
トールペイントの手引きもさせていただきます。

いつものように
「八十の手習い!八十の手習い!」と言って
未熟なわたしのトールペイント教室に
80代のおじいちゃんが出席してくれました。
生徒になってくださって2年経ちます。
毎月2回、お元気で来てくださいます。
今回は、カフェを営むお嫁さん(息子さんの奥さん)のご依頼で
薔薇のティッシュBOXを仕上げました。

トールペイントの筆使いは
だいたいマニュアルにそって描くのですが
このおじいちゃんには通用しません。
わたしには、最初それが戸惑いだったのですが
今では考え方が変わりました。
それがご本人の人生経験から溢れ出る技法なのです。
なんといってもこの方、書道は10段の腕前。
他にも設計士、土木、造園など
いくつも資格を持っておられ
わたしなど太刀打ち出来ない方なのです。

また、デザインにしても
あと少しこれを足すと作品がセンスアップするかもと
アドバイスしたくなる時でも
ご本人が「これがいいよ!」と納得し
一緒に参加されている奥様が
「きれいに出来たね」と喜んでおられるのを見ていたら
それ以上を要求する事は無いのです。

毎回楽しいお話や
働き盛りの頃のご苦労を聞いていると
実は教えてもらっているのはわたしの方だと実感します。

「四十の手習い」「六十の手習い」と言います。
50歳になっても60歳になっても
何か新しい事を始めようと思うわたしでいたいです。
トール2


トール1
| 00:01 | トールペインティング | - | - |